小さな子どもは、手の届くところに在るタバコやコインなど、小さなものがあると何でもすぐに口にいれてしまいます。親が十分に注意し、安全な環境を作ってあげることが大切です。
【家庭での注意点】
  1. 整理整頓に心がける。
  2. 子どもの手の届く所に置かない。
  3. 子どもの目につく所に置かない。
【誤飲事故が起こったら・・・】
  1. 何をどれくらい飲んだか確認する。
  2. 病院で医師の診察を受ける。
【応急手当】
飲み込んだものによって処置が異なります。
  1. 水を飲ませ、吐かせる。
    • 台所用洗剤、洗濯用洗剤、香水
    • シャンプー、リンス、石鹸など
  2. 牛乳を飲ませる、吐かせない。
    • 強酸、強アルカリを含む製品(トイレ用、排水パイプ用洗剤、漂白剤など)
      • 牛乳は胃壁を保護し、毒物の動きを弱める。
      • 吐かせることにより、食道の粘膜にひどいやけどを起こすため
  3. 何も飲ませない、吐かせない。
    • 石油製品(灯油、ガソリン、シンナーなど)
    • 殺虫剤、接着剤、除光液
      • 水や牛乳を飲ませることにより、毒物の身体への吸収量を多くするため。
      • 吐かせることにより気管へ吸い込み、重い肺炎を起こすため。