危険物が追加されました!(平成23年12月21日公布)

危険物の追加について(炭酸ナトリウム過酸化水素付加物)
 「危険物の規制に関する政令」の一部が改正され、これまで非危険物として消防法令等の規制対象外であった「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物」(以下「過炭酸ナトリウム」といいます。)が、消防法上の第一類の危険物に追加されました。
 過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤として広く一般に流通しており、貯蔵又は取扱う数量によっては、消防法に基づく市町村長等の許可又は守口市門真市消防組合火災予防条例に基づく少量危険物貯蔵取扱の届出が必要となります。


過炭酸ナトリウムとは
 「炭酸ナトリウム」と「過酸化水素」の化合物で、化学名又は一般の「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物」といい、「過酸化ソーダ」又は「過炭酸塩」とよばれるここともあります。
 見た目は無色の固体又は白色の粉末で、酸素系漂白剤、除菌剤、消臭剤、食器洗い乾燥機用洗剤、パイプクリーナー、洗濯槽クリーナー等として広く使用され、薬局、スーパーマーケット、ホームセンター等で購入することができます。

 このように、過炭酸ナトリウムは、生活必需品として多方面で使われています。


過炭酸ナトリウムの危険性について
 この物質そのものは不燃性の物質ですが、他の物質を強く酸化させる性質を持ち、熱、衝撃、摩擦等によって分解して酸素を多く放出するため、周囲の可燃物に対して極めて激しい燃焼を起こさせる危険性があり、可燃物、有機物その他酸化されやすい物質との混合物は、加熱、衝撃、摩擦等によって爆発する危険性があります。
 また、目、皮膚、粘膜等に対して刺激性があり、目に入ると痛みを伴い損傷の恐れがあります。


規制を受ける数量について
 過炭酸ナトリウムは、その形状によって性質が異なり、さらに第一種酸化性固体、第二種酸化性固体又は第三種酸化性固体の三つの性質に分類され、指定数量が次のとおり異なっています。

性   質 指定数量 規  制  概  要
第一種酸化性固体 50㎏ ・50㎏以上の貯蔵又は取扱う場合⇒消防法に基づく許可が必要
・10㎏以上50㎏未満の貯蔵又は取扱う場合⇒
              守口市門真市消防組合火災予防条例に基づく届出が必要
第二種酸化性固体 300㎏ ・300㎏以上の貯蔵又は取扱う場合⇒消防法に基づく許可が必要
・60㎏以上300㎏未満の貯蔵又は取扱う場合⇒
              守口市門真市消防組合火災予防条例に基づく届出が必要
第三種酸化性固体 1,000㎏ ・1,000㎏以上の貯蔵又は取扱う場合⇒消防法に基づく許可が必要
・200㎏以上1,000㎏未満の貯蔵又は取扱う場合⇒
              守口市門真市消防組合火災予防条例に基づく届出が必要

 なお、貯蔵又は取扱う過炭酸ナトリウムが、どの性質に該当するかは、物質ごとに異なり、容器等に主成分が過炭酸ナトリウムと表示してあっても危険物に該当しないものもあります。ただし、表示がないものについては、製造元又は輸入元に確認してください。

                            [容器への表示例]

品 名 第1類第2種酸化性固体(危険物等級Ⅱ)
化学名 過炭酸ナトリウム
数 量 300グラム
用 途 衣類用漂白剤
注意事項 火気・衝撃注意可燃物接触禁止

規制時期について 


問合せ先について
 守口市門真市消防組合消防本部 予防課  ☎06-6906-1302(直通)
 守口消防署  庶務予防課  予防査察係  ☎06-6993-0119
 門真消防署  庶務予防課  予防査察係  ☎06-6905-0119